貸金業法改正の背景

注目

========================
貸金業法、及び出資法が改正される理由は主に多重債務者の増加にあると言われている。
数社にわたって債務があり返済の経済的、精神的負担に押しつぶされそうになっている人は200万人を下らないと言われている。ギャンブルや飲食費、性風俗、贅沢品の購入などの為に融資を受ける人は数パーセントであり、他のほとんどの人は生活費の補填の為に融資を受けていると言われている。
========================
(出典:総量規制対象外.jp.net

複数の金融機関からお金を借りている人が200万人以上もいるんですね。
経済的な不安は大変なものだと思います。安易にカードローンなどの消費ローンに頼るなというのは簡単かもしれませんが、それらの人たちが自立できるような社会環境も必要ですね。不況でどこも人減らしが当たり前ですから、景気を上向かせることがマクロ的には非常に重要ではないかなと思います。

ギネス記録!!

今日は浅田真央さんと羽生結弦さんがギネス記録に認定されるという嬉しいニュースが!!

浅田真央さんはフィギュアの演技はもちろん、若いのに意思がはっきりしていて、人としても本当に素晴らしい人で大好きです。今までフィギュアの採点方法がわかりにくく、回転不足や出来栄え点など素人目では本当にわからない点数の付け方で、浅田選手はこんなに奇麗なジャンプなのにこんな得点なんだろうと思うことが何回もありました。

実際素人にはわからないことなのかも知れませんが、浅田選手しかできないトリプルアクセルの基礎点自体が低い気がして3回転を飛ぶ選手の方が出来栄え点プラスで点数が逆転することが本当に残念でした。
でも、世界選手権のショートの演技を見て浅田選手の今までの頑張りが報われた気がして、本当に感動しました。その記録がギネスに認定されてファンとして嬉しいです。

羽生選手はシニアデビューするまで知らなかったのですが、大会に出るたびに自己最高記録を更新して、自分自身に厳しい選手だなと思います。ショートが100点を超えた時は本当に圧巻の演技でした。まだ若い選手なので、このギネス記録を今後も自分自身で塗り替えていける選手のような気がします。

生え抜きの中心選手が単年契約を結ぶ意味

日本のプロ野球でも、FA権の行使が頻繁に行われることによって、選手が全盛期にいくつかの球団を渡り歩くことが多くなった。
そのため、交渉を行うことが非常に重要になり、今では日本国内での契約更改ですら代理人交渉を用いる選手も少なくない。

この契約交渉の際に注目してほしいのは、金額だけでなく、年数やその他のオプションである。出来高払いなどもであるが、金額面とは違い、年数にはメッセージがこめられる。

たいていの場合、実績がありなおかつチームの中心選手に対しては、複数年契約をチーム側も求める。監督をめったに単年度で解任することがないのと同じで、チームを長い期間で作るうえで、変えてはいけないものの一つが中心となる選手である。

阪神にとって、鳥谷はそのような選手である。にもかかわらず、阪神は単年契約を求めた。逆の見方をすれば、来年はなんらかの成績を残す覚悟を決めたのだろう。つまりは、和田監督及び今のフロント陣の1つの区切りの年になる。

EXILEが大賞をとりそうな気がする

record今年もレコード大賞のことが話題になる季節が来ましたね。
売り上げや活躍だけでいったら私はAKBだと思います。全曲ヒットしているし、前田敦子の卒業後しばらくは全盛期は終わったとも言われてましたが、テレビの露出も多いし曲も売れてますよね。選抜総選挙も指原が1位をとってものすごく話題になりました。「恋するフォーチュンクッキー」は最初売れなさそうと思いましたが、聞けば聞くほど耳に残るし、振り付けもカラオケや忘年会で盛り上がりそうです。実際売り上げは良いし、いろいろな企業がダンスしている動画が配信されたりして話題性も十分です。

でも、EXILEのリーダーHIROがパフォーマーとしては引退するのですよね。なんだか大賞をとらせて感動的に持っていきそうな気がします…。個人的にはレコード大賞って単に売り上げだけじゃなくて大物具合とか、話題性なんかも考慮されてる気がしています。

どっちのファンでもないですが、どちらも同じ系列のグループがたくさんいてややこしい!っていうのが私の思いなのですが(^_^;)

多すぎる人口のコントロールの難しさ

日本の10倍にもあたる13億人の人口を有する中国ですが、人口の爆発的増加を抑えるために1979年から「一人っ子制作」を実施してきました。

しかし、中国政府が夫婦どちらかが一人っ子の場合、第二子の出産を認めるといい、34年ぶりに一人っ子政策の緩和をするといいます。

この背景には、それまで増え続けてきた労働人口が、2012年より減少に転じたことと、鈍化の見え始めてきた中国経済の更なる減速を危惧したことによるものといいます。

一人っ子政策は、食糧危機回避などにより始まったものですが、この緩和により危惧されている問題が「粉ミルク」であるといいます。

中国では毒粉ミルク事件以降、国内の粉ミルクの信用性がなくなり、外国製の粉ミルクを買っているといい、日本にきていた中国人観光客が多くの粉ミルクを買い込んでいたこともあります。
しかし、明治が中国で採算がとれなくなったとして撤退を表明し、欧州でもウクライナやドイツなどで中国向け乳製品の輸出が増え、英国では粉ミルクの販売規制が導入されているといい、この先、中国発の世界で粉ミルクの争奪が始まるのかもしれません。

又、多すぎる人口はコントロールも難しいようで、男女比が乱れてしまったり、戸籍の無い子供が誕生してしまったり、国の統制の悲哀を感じないではいられません。

ファンとしては悲しいプロ野球のFA制度

日本のプロ野球でFA制度が導入されて久しいです。選手たちはドラフト会議などを経て入団するのですが、希望のチームに選ばれるかは未知数です。そのため、長い間1軍で活躍をしていれば好きな球団と入団交渉ができるようになる制度ですが、ファンにとっては少し悲しい制度でもあります。

長いこと応援をしてきたのにチームを離れてしまうのは寂しく、特に好きな選手の背番号がついたレプリカユニフォームなどを購入した人が辛い思いをします。さすぎに野球のスタジアムに他球団へ行ってしまった選手のユニフォームを着用していくわけにもいかないので、お蔵入りとなってしまうからです。

たしかに職業選択の自由の観点から、ある程度活躍した選手にはFAが認められるべきかもしれませんが、チームの顔として活躍してきたのですから、少しでも良いのでファンの気持ちも汲んでもらえると嬉しいです。

今回は埼玉西武ライオンズの涌井投手がFA宣言をすると見られているようですが、エースとしてこれまでチームに貢献してくれているので、ぜひ残留をしてもらいたいです。

どう見ても偽装にしか思えない

メニュー標示とは異なる食材を使っていた問題で、大阪市の阪急阪神ホテルズの社長が辞任を発表しました。辞任することで幕引きをしたいのかもしれませんが、この辞任会見でもやっぱり気になったのが、単なる誤標示だったのか偽装だったのかという点です。

前回の会見では、あくまでも誤表示だったと説明していましたが、今回の会見では、前回同様誤表示と主張しながらも、不適切だったことをしぶしぶ認めていました。
それでも、故意の偽装とは決して認めることはなく、あくまでも従業員のミスとした上で、しかし結果的に偽装ととられても仕方がないという言い回しになっていました。

相変わらず「偽装」ということは積極的には認めていない感じですが、お客の立場から見たら、どう考えても誤表示ではなく、偽装でしかないというのが一般的な感覚だと思います。

阪急阪神ホテルズといったら、大阪市ではプレミアム感の高い超有名なホテルです。そのホテルが偽装行為をしていたというのは、ガッカリ度が大きく、一気に知名度が落ちた感じがします。

手紙離れがすすむでしょう

消費税増税の影響で、郵便料金も変化するそうで、手紙が82円になり、はがきが52円に値上がりするそうです。最近はパソコンでメールを送ることが多くて、郵便で手紙を出すことがもの凄く少なくなってしまって、手紙の料金が上がってもそれほど不便を感じません。

メールは気軽に送ることができますし、すぐに届くのでとても便利です。手紙は少なくとも届くのに2~3日はかかりますし、今ではほとんど出すことはありません。はがきにいたっては、まったく使うことがなくなって、はがきがいくらになっても、年賀状のときくらいしか影響がないので、それほど困ることはありません。

郵便料金が値上がりして困るのは、ヤフオクなどで落札したときの送料が高くなることくらいです。定形外で送ってもらうことが多いので、送料が高くなると、せっかく安く落札しても送料で損をしているような気がしてしまいます。

しかし、消費税も値上がりすることだし、郵便料金の値上がりも仕方がないかなと思います。

今年は食べてみたい

まだまだ暑くて夏の延長のような毎日ですが、カレンダーを見ればもう10月です。
秋です。
秋と言えば食欲の秋!!
どうやら今年は、マツタケがお安く購入できるらしいですよ。
しかも国産のマツタケです。

毎年おいしいマツタケが食べたいなと思いつつも、スーパーなどで店頭に並んでいる商品の価格を見ては、無理かな・・・と売り場を後に。
もしくは、手の届くお値段であっても国産のものではなく、どうせ食べるなら国産のものが良いんじゃないかと、少し悩んだ後で売り場を後に。

今年は3割安ということですが、元々安くはない食材。
実際のところいくらぐらいで店頭に並ぶのか、楽しみですね。
とにかく去年よりもたくさん採れているみたいです。

ちなみに、マツタケの菌の発生・発育には、8月下旬からの土中温度が19度以下だということが大切だそうです。
その他雨量も関係するとか。
今年は猛暑だったのですが、収穫地の土の中は19度以下が保たれていたんだと思うと、寒冷地とはいえ不思議な感じです。

なにはともあれ、実りの秋はわくわくしますね。

喘息

季節の変わり目ですが、喘息の発作の兆候もなく元気にやっています。とはいえ、今日同じく喘息持ちの友人が「突然寒くなったので喉がヒューヒューした。」
と言っていたので油断はできませんね。よく寝てよく食べ、無理せず生活して行こうと思います。
自分は大人になってから喘息を発症してしまったので、なかなか大変です。
体を冷やさないようにし、栄養があるものを食べなくては。
とりあえず銀行に行って、今月分の給料をおろしてこようと思います。

紅葉

来週、紅葉を見に友人が東京からやってきます。今年の京都の紅葉は例年より遅れているらしく友人は心配していましたが、少しずつ色づいてきているので、ちょうど来週には、ピークかなぁと思っています。友人はグッドタイミングで上洛を迎えられるかなぁ?
こればっかりは気温の変化にもよりますから何とも言えませんね。
ちなみにおととしはそれはそれはきれいな紅葉を見ることができました。
あんなきれいな紅葉はめったにないと、隣にいたタクシー運転手さんも驚いていました。
友人もそんな紅葉を一度見てみたい!ということで、無理をして親からお金を借りて今回来てくれることになりました。
だから、絶対にきれいな紅葉を見せてあげたいのです。
どうか、当日晴れますように。