貯金どころか10万円のカードローンを借りる

注目

結婚して16年目になりますが、貯金はもちろんヘソクリさえもなかなかできません。
10万円の残金のあるローンカードが一枚ある始末です(10万円借りる)。

というのも、我が家は自営業で景気の波に乗って浮き沈みが激しいので安定した収入を得ることができません。

それに加え、子ども2人の教育費も年々かかります。
授業料、部活費用、修学旅行代、お小遣いと毎月何らかの出費でお金は出ていきます。
でも子供の為に使うお金なので、そこは親としてちゃんとしてあげたいと思ってます。
生活の足しになればと、ネットを使ったお小遣い稼ぎをしたり、一攫千金を狙って
宝くじを購入したりもしますが、さっぱりですね。

それでも一生懸命お金を貯めて、ちょっとささやかな楽しみをしてみたいなと思うことがあります。
我が家は日帰り旅行は子供たちが喜ぶだろうと思い、沢山してきましたが泊りがけの旅行は
一度もしたことがありません。
行ってみたいところは多々あります、北海道とか東京ディズニーランド、北陸の美味しいものを目当てに行ってみるのもよさそうですね。
しかし、家族で宿泊旅行となるとどれだけのお金がかかるやら、それを考えると子供達には申し訳ないけど、我が家の家計ではちょっと厳しいですね。
ボーナスが出る、安定した企業でも勤められれば良かったんですがしょうがないですね。
地道に働いていつか、家族旅行が出来るように頑張るしかないです。

お金が必要になったら・・・

急な出費などで、あと少しの生活費が足りなくなったらまず両親から借ります、相談しやすいし、フトコロ事情も把握しているからです
もし両親から借りられない場合は兄という事も考えますが、結婚しているのでお嫁さんの関係上、相談はしないと思います
家のお金を管理しているのはお嫁さんですから

直に返却できる予定があるなら、クレジットカードのキャッシングを利用します。
特別な申し込みなどをしないで、コンビニにあるディスペンサーで利用できるからです

銀行のカードローンや消費者金融は、申し込みが必要なのでちょっと面倒です
何か大きな金額を長期的に借り入れる必要が出てきたら銀行のローンを検討します
消費者金融は一度借り入れたら、また借りないかと営業の電話がしつこくかかってきそうなイメージがありますし、きちんと返済はしますが、1日でも返済が遅れたら職場にまで怒鳴り散らすような電話が入りそうでな物凄く悪いイメージしかないので、絶対に利用しません。

片山被告のすがすがしい気持ちに対し、狂ってると思いました。

今まで、無罪を主張して貫き通した片山被告が、急に撤回して自分のやった事を認め、「すがすがしい気持ちです」という事に対し、私としては「よくもまあ、すがすがしい気持ち」といえたものだなと思い、腹が立ちました。

誤認逮捕された4人の男性の事を思うと、この片山被告だけは絶対に許さない、同情の余地はないですね。

片山被告の為に自分の人生を狂わされ、今まで支援してきた人の気持ちを踏みにじった訳だから、この男は完全に狂ってますね。

誤認逮捕された4人の男性は“すがすがしい気持ちです”という片山被告のコメントを聞いた途端、どんな気持ちになったのだろうかと考えました。

他人のパソコンを滅茶苦茶にしておいて、人生を狂わせておいて、すがすがしい気持ちはないでしょう。

そのニュースのコメントにも、人間のクズだとかバカだとか、狂わされた人の気持ちを考えろ等とありますが、全くそのとおりで、その意見を全面的に支持します。

狂わされた人の人生を考えたら、無期懲役にでもなって欲しいと心から願いました。

北海道はスギ花粉症は少ないけれど

環境省が、全国のスギとヒノキの花粉の飛散がそれぞれ5月上旬までに終息するとの予測を発表したそうです。

今年は2月の大雪の影響でスギ花粉の飛散の収束が遅れるみこみだそうで、西日本では飛散が例年より早く始まり、量も多かったけれど、東日本では大雪が降った地域を中心に少なめだったそうです。

私の住んでいる北海道は杉林がないですから、本州の花粉が届く道南などの一部を除いてスギ花粉症の心配がないんですが、代わりにシラカバ花粉による花粉症というのがあるんです。

これは近年増えているんだそうで、シラカバ花粉の量自体が増えているわけではなく、ストレスや免疫異常などが原因らしいです。

さらにイネ科の植物による花粉症やヨモギなどでも花粉症になるんだそうで、私も花粉症ではありませんが鼻炎を持っておりますので、いつかは花粉症になってしまうのではないかと恐れています。

ただ、今のところその徴候は無いようで、現代病といえる花粉症にかかりづらいというのはやはり私は古いタイプの人間なんだと思うと、ちょっとフクザツな心境になってしまいます。

ギネス記録!!

今日は浅田真央さんと羽生結弦さんがギネス記録に認定されるという嬉しいニュースが!!

浅田真央さんはフィギュアの演技はもちろん、若いのに意思がはっきりしていて、人としても本当に素晴らしい人で大好きです。今までフィギュアの採点方法がわかりにくく、回転不足や出来栄え点など素人目では本当にわからない点数の付け方で、浅田選手はこんなに奇麗なジャンプなのにこんな得点なんだろうと思うことが何回もありました。

実際素人にはわからないことなのかも知れませんが、浅田選手しかできないトリプルアクセルの基礎点自体が低い気がして3回転を飛ぶ選手の方が出来栄え点プラスで点数が逆転することが本当に残念でした。
でも、世界選手権のショートの演技を見て浅田選手の今までの頑張りが報われた気がして、本当に感動しました。その記録がギネスに認定されてファンとして嬉しいです。

羽生選手はシニアデビューするまで知らなかったのですが、大会に出るたびに自己最高記録を更新して、自分自身に厳しい選手だなと思います。ショートが100点を超えた時は本当に圧巻の演技でした。まだ若い選手なので、このギネス記録を今後も自分自身で塗り替えていける選手のような気がします。

生え抜きの中心選手が単年契約を結ぶ意味

日本のプロ野球でも、FA権の行使が頻繁に行われることによって、選手が全盛期にいくつかの球団を渡り歩くことが多くなった。
そのため、交渉を行うことが非常に重要になり、今では日本国内での契約更改ですら代理人交渉を用いる選手も少なくない。

この契約交渉の際に注目してほしいのは、金額だけでなく、年数やその他のオプションである。出来高払いなどもであるが、金額面とは違い、年数にはメッセージがこめられる。

たいていの場合、実績がありなおかつチームの中心選手に対しては、複数年契約をチーム側も求める。監督をめったに単年度で解任することがないのと同じで、チームを長い期間で作るうえで、変えてはいけないものの一つが中心となる選手である。

阪神にとって、鳥谷はそのような選手である。にもかかわらず、阪神は単年契約を求めた。逆の見方をすれば、来年はなんらかの成績を残す覚悟を決めたのだろう。つまりは、和田監督及び今のフロント陣の1つの区切りの年になる。

EXILEが大賞をとりそうな気がする

record今年もレコード大賞のことが話題になる季節が来ましたね。
売り上げや活躍だけでいったら私はAKBだと思います。全曲ヒットしているし、前田敦子の卒業後しばらくは全盛期は終わったとも言われてましたが、テレビの露出も多いし曲も売れてますよね。選抜総選挙も指原が1位をとってものすごく話題になりました。「恋するフォーチュンクッキー」は最初売れなさそうと思いましたが、聞けば聞くほど耳に残るし、振り付けもカラオケや忘年会で盛り上がりそうです。実際売り上げは良いし、いろいろな企業がダンスしている動画が配信されたりして話題性も十分です。

でも、EXILEのリーダーHIROがパフォーマーとしては引退するのですよね。なんだか大賞をとらせて感動的に持っていきそうな気がします…。個人的にはレコード大賞って単に売り上げだけじゃなくて大物具合とか、話題性なんかも考慮されてる気がしています。

どっちのファンでもないですが、どちらも同じ系列のグループがたくさんいてややこしい!っていうのが私の思いなのですが(^_^;)

多すぎる人口のコントロールの難しさ

日本の10倍にもあたる13億人の人口を有する中国ですが、人口の爆発的増加を抑えるために1979年から「一人っ子制作」を実施してきました。

しかし、中国政府が夫婦どちらかが一人っ子の場合、第二子の出産を認めるといい、34年ぶりに一人っ子政策の緩和をするといいます。

この背景には、それまで増え続けてきた労働人口が、2012年より減少に転じたことと、鈍化の見え始めてきた中国経済の更なる減速を危惧したことによるものといいます。

一人っ子政策は、食糧危機回避などにより始まったものですが、この緩和により危惧されている問題が「粉ミルク」であるといいます。

中国では毒粉ミルク事件以降、国内の粉ミルクの信用性がなくなり、外国製の粉ミルクを買っているといい、日本にきていた中国人観光客が多くの粉ミルクを買い込んでいたこともあります。
しかし、明治が中国で採算がとれなくなったとして撤退を表明し、欧州でもウクライナやドイツなどで中国向け乳製品の輸出が増え、英国では粉ミルクの販売規制が導入されているといい、この先、中国発の世界で粉ミルクの争奪が始まるのかもしれません。

又、多すぎる人口はコントロールも難しいようで、男女比が乱れてしまったり、戸籍の無い子供が誕生してしまったり、国の統制の悲哀を感じないではいられません。

ファンとしては悲しいプロ野球のFA制度

日本のプロ野球でFA制度が導入されて久しいです。選手たちはドラフト会議などを経て入団するのですが、希望のチームに選ばれるかは未知数です。そのため、長い間1軍で活躍をしていれば好きな球団と入団交渉ができるようになる制度ですが、ファンにとっては少し悲しい制度でもあります。

長いこと応援をしてきたのにチームを離れてしまうのは寂しく、特に好きな選手の背番号がついたレプリカユニフォームなどを購入した人が辛い思いをします。さすぎに野球のスタジアムに他球団へ行ってしまった選手のユニフォームを着用していくわけにもいかないので、お蔵入りとなってしまうからです。

たしかに職業選択の自由の観点から、ある程度活躍した選手にはFAが認められるべきかもしれませんが、チームの顔として活躍してきたのですから、少しでも良いのでファンの気持ちも汲んでもらえると嬉しいです。

今回は埼玉西武ライオンズの涌井投手がFA宣言をすると見られているようですが、エースとしてこれまでチームに貢献してくれているので、ぜひ残留をしてもらいたいです。

どう見ても偽装にしか思えない

メニュー標示とは異なる食材を使っていた問題で、大阪市の阪急阪神ホテルズの社長が辞任を発表しました。辞任することで幕引きをしたいのかもしれませんが、この辞任会見でもやっぱり気になったのが、単なる誤標示だったのか偽装だったのかという点です。

前回の会見では、あくまでも誤表示だったと説明していましたが、今回の会見では、前回同様誤表示と主張しながらも、不適切だったことをしぶしぶ認めていました。
それでも、故意の偽装とは決して認めることはなく、あくまでも従業員のミスとした上で、しかし結果的に偽装ととられても仕方がないという言い回しになっていました。

相変わらず「偽装」ということは積極的には認めていない感じですが、お客の立場から見たら、どう考えても誤表示ではなく、偽装でしかないというのが一般的な感覚だと思います。

阪急阪神ホテルズといったら、大阪市ではプレミアム感の高い超有名なホテルです。そのホテルが偽装行為をしていたというのは、ガッカリ度が大きく、一気に知名度が落ちた感じがします。